自主調査レポート

GoToキャンペーン事業について
どう思う?

  • 全般
  • コロナ
  • 生活
2020.8.21
イメージ画像

(前回の記事)コロナ禍により停滞中の、日本経済に対する官民一体型の消費喚起キャンペーンである「GoToキャンペーン」事業。
その中の一つ『GoTo Travelキャンペーン』についての調査結果を、過去3回にわたってお届けしました。
今回は今後、随時開催予定の『GoTo Eat』『GoTo Event』『GoTo商店街』を含めた『GoTo キャンペーン』事業全体に対する意識調査を行いました。

「Travel」以外のキャンペーンは、あまり知られていない…

『Travelキャンペーン』については、様々なメディアで報道されたため、83.0%の人が「知っていた」と回答しており、その認知度の高さがうかがえます。
その一方で、『Eatキャンペーン』『Eventキャンペーン』『商店街キャンペーン』を知っている人はどれも30%を切る結果となり、認知度は著しく下がる結果となりました。

下記のGoToキャンペーン事業を知っていましたか?

オノフ調べ

各GoToキャンペーン事業についてどう思いますか?

『Travelキャンペーン』は「良いと思う」が20.0%、「良くないと思う」が27.9%と、他のキャンペーンと比較すると否定的な意見が多く、より明確な意見を持っている人が多いという印象です。
「良いと思う」「やや良いと思う」の合計で見ると、『商店街キャンペーン』が最も多い57.1%、次いで『Eatキャンペーン』が56.6%でした。

『GoToキャンペーン』についての意見をお聞かせください

オノフ調べ

GoToキャンペーン。利用するなら、どのキャンペーン?

「利用したい」の回答比率が最も高かったのは『Travelキャンペーン』で18.6%でしたが、「利用したい」「やや利用したい」の合計で見ると『Eatキャンペーン』が最も多い48.1%、次いで『商店街キャンペーン』が44.1%となりました。

利用するならどのGoToキャンペーン?

オノフ調べ

今回の調査結果を振り返ると、すでに開催されている『Travelキャンペーン』は認知度が高いものの、いまだ準備段階である『Eatキャンペーン』『Eventキャンペーン』『商店街キャンペーン』については、まだまだ浸透していないという背景が浮かび上がりました。
意識についても、『Travel』『Event』のように遠方への移動や、密な状況を生みやすいことへの危機感はいまだ高く、普段の暮らしや地域に密着した『Eat』『商店街』の方が、若干肯定的な意見が多いことがうかがえます。

まだまだ余談を許さないコロナ禍の中、『GoToキャンペーン』事業が計画されるなど、自粛要請解除後の暮らしにも変化が生じてきました。
Withコロナの生活が本格化して早6ヶ月。身近な日用品の使用頻度や用途などは、どのように変化したのでしょう?
次回は、一時品切れが相次いでいた「ティッシュペーパー」の使用状況に関するアンケート結果をお届けします。
8/25日(火)公開予定です。

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【対象者】全国、20歳以上男女
  • 【調査期間】2020年7月20日~21日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事および本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!