自主調査レポート

『外食・デリバリー・テイクアウト』
利用頻度は?

  • 全般
  • コロナ
  • 生活
  • 経済
2020.10.20
『外食・デリバリー・テイクアウト』利用頻度は?

(前回の記事)新型コロナウィルスによる影響により家で過ごす時間が増え、自宅にいながらお店の味が楽しめるデリバリー・テイクアウトの需要が高まりました。
緊急事態宣言発令前(およそ半年前)と現在を比べると、利用頻度に変化はあるのでしょうか?
また、飲食店で外食をする機会はどのようになったのでしょう?
今回は、半年前と直近の外食・デリバリー・テイクアウトの頻度を調査しました。

昼食時の外食利用が多い

半年前の外食・デリバリー・テイクアウトの頻度を聞いたところ、週1日以上の利用シーンは「昼食・ランチで外食する」が24.4%、次いで「夕食・ディナーで外食をする」が15.6%、「複数人での会食をする」が6.6%になりました。
昼食・ランチ時の外食は、お店で食事をすると気分転換になるので、利用している人が多いのではないでしょうか。

半年前の外食・デリバリー・テイクアウトの頻度を教えてください

オノフ調べ

デリバリー・テイクアウトが微増傾向に

直近(8月以降)の外食・デリバリー・テイクアウトの頻度を聞いたところ、最も割合が高かったのは半年前と変わらず「昼食・ランチで外食をする」で20.2%でした。
とはいえ、半年前との差を比較したところ「昼食・ランチで外食をする」は週1日以上・月1日以上ともに減少傾向であり、「夕食・ディナーで外食」「複数人での会食」も同様に減少しています。
一方で「デリバリーサービスを利用する」「飲食店のテイクアウトメニューを購入する」は半年前に比べると微増傾向が見られました。

直近の外食・デリバリー・テイクアウトの頻度を教えてください

オノフ調べ

半年前と直近の8月を比較すると、外食をする機会は減っていますが、デリバリー・テイクアウトの利用は微増しているようです。
自粛期間中にデリバリーやテイクアウトを利用し始めて、現在も継続して利用しているのかもしれませんね。

以前と比べて減少傾向にある外食ですが、これからの利用についてどのような意見があるのでしょうか?
次回は、今後の外食・デリバリー・テイクアウト『外食編』をお届けします。
10/23(金)公開予定です。

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【対象者】全国、20歳~69歳男女
  • 【調査期間】2020年9月18日~9月23日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事および本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!