自主調査レポート

これからの外食の利用意向は?

  • 全般
  • コロナ
  • 生活
  • 経済
2020.10.23
これからの外食の利用意向は?

(前回の記事)
前回の調査では、半年前と直近の「外食・デリバリー・テイクアウト」の頻度を比較すると、外食をする機会は減少傾向にあり、デリバリー・テイクアウトの利用は増えていることが明らかになりました。
客足が少しずつ戻りはじめている飲食店ですが、みなさんは利用についてどのような意見があるのでしょう?
今回は、今後の外食・デリバリー・テイクアウト『外食編』をお届けします。

現在は外食を敬遠する傾向

今後、利用を考えている外食のシーンとして「昼食・ランチで外食をする」は75.5%、次いで「夕食・ディナーで外食をする」73.7%、「複数人での会食(飲み会・宴会含む)をする」53.8%でした。
コロナウイルス対策に関係なく利用したいという意見は10%前後で、ウイルス対策がされていれば利用したいとする層のほうが多い結果になりました。現在はまだ抵抗感があり、敬遠している様子が見受けられます。

今後どんなシーンで外食を利用したいですか?

オノフ調べ

外食による感染の不安が理由に

外食をしたくない理由としては、「外食による新型コロナウイルスの感染が怖いから」が最も高く55.0%、次いで「自宅で料理・自炊を行うので」が38.8%でした。
性年代全体で見てみると、外食をしたくないという意見は女性からが多く、男性からは少ないようです。
女性の方が新型コロナウイルスの感染への不安を感じやすい傾向があるようです。

外食をしたくない理由を教えてください

オノフ調べ

女性は徹底した対策を望んでいる

飲食店にしてほしい新型コロナウイルス対策としては「アルコール除菌の設置」が70.3%で最も高く、次いで「店内の席が一定の間隔がある」が64.8%でした。
性年代全体で見てみると、こちらも女性からの意見が多い結果になりました。
とくに40代以上の層は、家族のためにコロナ関連情報を集めて、飲食店で行っている感染症対策にも敏感なっているのかもしれません。

感染症対策として、飲食店にはどのような対策をして欲しいですか?

オノフ調べ

外食に対し現在はまだ敬遠する傾向にあり、感染への不安が理由になっていることが分かりました。
飲食店は、withコロナに対応する感染防止策に取り組んでいると感じます。
利用する側として正しく理解し、必要以上に恐れることなく外食を楽しみたいところですね。

前回の調査結果で、直近の利用増加が明らかになったデリバリー・テイクアウトですが、今後の利用意向はどのようなものになるのでしょう?
次回は、今後の外食・デリバリー・テイクアウト『デリバリー・テイクアウト編』をお届けします。
10/27(火)公開予定です。

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【対象者】全国、20歳~69歳男女
  • 【調査期間】2020年9月18日~9月23日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事および本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!