自主調査レポート

まだまだ予断を許さない
withコロナの生活。
今年(2020年)の夏の予定は?

  • 全般
  • コロナ
2020.7.17
イメージ画像

(前回の記事)今回は、緊急事態宣言解除後の意識調査の結果をお届けします。
6月19日に県境をまたぐ移動制限も解除されました。とはいえ新型コロナウイルス感染症への不安が拭えない状況が続いています。お祭りや花火大会といったイベント中止が発表されるなか、今年の夏はみなさんどのように過ごす予定でしょうか。

旅行やイベントなど、外出は控える傾向に

今年の夏の予定は、「自宅でゆっくり休む」が23.2%と最も多く、次いで「お買い物」18.8%、「外食」16.7%と続く結果になりました。
緊急事態宣言が解除されましたが、新型コロナの不安は続いており、旅行や夏のイベント(海・プール、キャンプ・バーベキュー等)に行くという回答の割合は低くなっています。

イメージ画像

オノフ調べ

世代や性別による違いが明確に

男女別で「自宅でゆっくり休む」の次点を見てみると、男性は「帰省を除く国内旅行」、女性は「お買い物」となっています。
世代別では、20代・30代が「実家への帰省」、40代・50代は「お買い物」、60代以上は「外食」となっていました。

コロナ禍の影響を受ける最初の夏。人々のライフスタイルはどう変化していくのでしょうか?
次回は「vol.4 緊急事態宣言前後で、高まる意識と薄まる意識」をお届けします。
7/21(火)更新予定です!

  • 【調査方法​】インターネット調査​
  • 【対象者​】外出自粛要請があった地域在住者​(北海道、一都三県、岐阜県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、福岡県、熊本県、大分県)​、20歳以上男女
  • 【割付​】各年代(20/30/40/50/60代以上)、各割付約300ss
  • 【調査期間​】2020年6月19日~22日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事及び本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。