自主調査レポート

『SDGs』『サステイナブル』を
知っていますか?(第2回SDGs調査)

  • 全般
  • 生活
  • SDGs
  • サステイナブル
  • 環境
  • 社会
  • 経済
2021.04.02
『女性向け化粧品』基礎化粧品ブランド愛用者のライフスタイルは?

(前回の記事)
新型コロナウィルス感染症の流行により、私たちの生活は大きく変化しました。
環境に対しての意識も高まりつつあるなかで、持続可能な開発目標を掲げる「SDGs」というキーワードを耳にする機会も増えています。
昨年8月に第1回目の「SDGs」に関する調査を実施し、約半年が経過しましたが、現在の認知度に変化は見られるのでしょうか?
今回は、第2回目のSDGs・サステイナブル認知度調査をお届けします。

「SDGs」を知っている人は全体で6割超に

「SDGs」を知っているのか聞いてみたところ、認知している割合は、

「SDGsを聞いたことがあり、
内容を説明することができる」
8.9%
「SDGsを聞いたことがあり、
内容はある程度知っている」
24.1%
「SDGsを聞いたことがあるが、
内容はよく知らない」
28.1%

という結果になりました。

認知をしているという回答は全体で6割を超えており、いずれも前回より上昇していました。
SDGs内容認知(TOP2)を属性別に見てみると、性年代では20代男性、職業は「公務員」「経営者・役員」「会社員(事務職)」「学生」で特に高い傾向があります。
SDGs名称認知(TOP3)を前回と比較すると、性年代では40代・50代男性、職業は「経営者・役員」で大きく伸びていました。

「SDGs」について知っていますか?

オノフ調べ

「サステイナブル」認知度は前回から約1割上昇

「サステイナブル」の意味を知っているのか聞いてみたところ、認知している割合は、

「意味を知っている」
23.4%
「聞いたことはあるが、意味は知らない」
34.7%

という結果になりました。

認知しているという回答は全体で5割を超えており、前回より1割程度上昇していました。
性年代を前回と比較すると、60代男性が大幅に伸びているようです。
職業別では、「経営者・役員」「学生」で高い割合になりました。

「SUSTAINABLE(サステイナブル)」の意味を知っていますか?

オノフ調べ

「SDGs」「サステイナブル」の認知度は、前回の調査時から上昇傾向にあり、特に「サステイナブル」においては、60代男性で大幅に伸びているようです。
前回の調査では、20代の学生を中心とした若年層の認知度が高い傾向にありましたが、新聞・テレビ・Webニュースなどで見聞きする機会がさらに増えたことから、他の年代へも徐々に浸透している様子が見受けられました。
では、『SDGs』への関心の度合いや、取り組むべきだと考えている項目は、どのようなものになるのでしょうか?
次回は、SDGsへの関心についてのアンケート結果をお届けします。
4/9(金)公開予定です。

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【対象者】全国 20歳~69歳男女
  • 【調査期間】2021年3月6日~3月7日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事および本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!