自主調査レポート

キャッシュレス派が半数超え!
キャッシュレス決済を利用する理由とは?

  • 全般
  • コロナ
2020.7.31
イメージ画像

(前回の記事)今回は、キャッシュレス決済の利用状況や用途、そして利用理由などの調査結果をお届けします。

キャッシュレスポイント還元キャンペーンの利用率は全体の62.8%

2020年6月30日で終了した『キャッシュレス・ポイント還元事業』キャンペーンについてアンケートを実施した結果、キャンペーン認知度は全体の80.5%、「キャンペーンを利用した」と回答した人は62.8%となりました。キャンペーン利用者を属性別で見ると、男女とも50代以上が比較的高く、職業別では公務員が高い結果となりました。

決済方法の1位はクレジットカードで73.0%

実際に使用した決済方法は、『クレジットカード』が最も高く73.0%。次いで『PayPay』『交通系電子マネー(Suicaなど)』『WAON』『nanaco』と続きます。
クレジットカード以外を属性別で見ると、『PayPay』は男性40代・50代の公務員が多く、『交通系電子マネー』は男性60代の会社員(事務系)、『WAON』は女性50代以上が多い結果となりました。

キャッシュレス決済で利用した決済方法

オノフ調べ

キャッシュレス決済を選んだ理由は?

現金以外の決済方法を利用する理由では、「ポイントサービス」が60.2%。
次いで「スピーディーな支払い」「支払いの管理がしやすい」「現金に触れたくない」と続きます。
属性別に見ると、「ポイントサービス」を利用した理由として回答した人は、女性40代以上及び専業主婦が多く、「魅力的なキャンペーンがあるから」を選んだ人は、男性の30代・40代、「よく行くお店で取り扱っている」については、女性の50代以上が多いという結果となりました。

キャッシュレス決済を利用している理由

オノフ調べ

キャッシュレス決済に対する不安や問題点は?

「現金以外の決済方法利用時に問題点だと感じることがありますか?」という質問では、「お金を使いすぎる」が32.6%と最も多く、次いで「お店によって使えないサービスがある」が29.9%となりました。
「お金を使いすぎる」と回答した人は女性20代~40代で各々約40%。「充電がない場合に支払いができない」の回答は、男性20代・30代で各々20%以上となり他年代よりも高めとなりました。
また、男性40代~60代及び女性60代では「あてはまるものはない」という回答が多く、特に問題点を感じていない人も多く見られました。

キャッシュレス決済利用時に問題点を感じたことはありますか?

オノフ調べ

キャッシュレス決済の利用開始時と現在の利用状況の違いとは?

各キャッシュレス決済サービスを利用していると回答した方で、利用開始時と現在の利用状況の違いでは、緊急事態宣言前から利用していたサービスは『WAON』『nanaco』『クレジットカード』が高く、宣言以降の利用では『メルペイ』『auPAY』『iD』などが比較的高い結果となりました。
また、現在利用しているサービスは『クレジットカード』『QUICPay』『WAON』と回答した人が多く、「現在ほとんど利用していない」と回答のあったサービスは『メルペイ』『ApplePay』『auPAY』が高い傾向にあります。

現在利用しているサービスは緊急事態宣言の発令前から利用していますか?

オノフ調べ

キャッシュレス決済を「今後も利用する」と回答した人が50%以上

「今後、現金とキャッシュレス決済どちらを利用しますか?」というアンケートでは、全体の40.8%が「現金よりキャッシュレス」を利用すると回答し、「現金使わずにキャッシュレス」と回答した11.9%と合わせると、キャッシュレス決済派が半数を超えています。
キャッシュレス決済派は男性の40代以上、女性では30代以上が比較的多く、職業では公務員・会社員(事務系)が多い傾向にあります。
一方、「現金を利用する」と回答した人は学生に多く見られました。

今後「現金」と「キャッシュレス決済」どちらを利用しますか?

オノフ調べ

学生に現金派が多いのは、クレジットカードの所持率に影響を受けているのでしょう。
オンライン購入が増加傾向の昨今、オフラインにおいてのキャッシュレスにも、抵抗が少なくなってきているのでしょう。
キャッシュレスポイント還元キャンペーンは終了しましたが、その役割はしっかりと果たしたといえるのではないでしょうか?

次回はレジ袋の有料化に関するアンケート結果をお届けします。
8/4(火)公開予定です。

  • 【調査方法​】インターネット調査​
  • 【対象者​】全国、20歳以上男女
  • 【調査期間​】2020年6月26日~29日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事及び本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!