自主調査レポート

『防災の日』避難関連編

  • 防災の日
  • 自然災害
  • 生活
2021.09.10
『防災の日』避難関連編

(前回の記事)
いまだ収束の兆しが見えないコロナ禍で迎える「防災の日」。
昨年に引き続き、「防災の日」にちなんだ“防災”に関するアンケートを実施しました。
各地で大雨による被害が相次いでいますが、みなさんの防災意識に影響はあったのでしょうか?
今回は、昨年の調査結果と比較し、避難に対する意識に変化があったのかを見ていきます。

避難所の把握は62.0%で昨年とほぼ変わらず

生活圏内にある「避難場所」や「避難所」を知っている人の割合は、昨年から変化はあったのでしょうか?
避難所の把握について聞いてみたところ、

「場所や経路までしっかり把握」
25.5%
「なんとなく把握」
36.5%

となり、把握している割合は計62.0%で、昨年とほぼ変わりませんでした。

性年代別で見てみると、男女とも年配層ほど把握率は高く、若年層は低いようです。
同居家族別では、「夫婦のみ」「末子が6~17歳」「末子が18歳以上」が比較的高く、「一人暮らし」は低くなっています。
居住地域別では、「中国地方」の把握率が比較的高く、「九州・沖縄地方」が低めです。

ご自身の生活圏内にある「避難場所」「避難所」を知っていますか?

避難したい意向は昨年より微増傾向に

では、災害発生時の避難意向についてはどうでしょう?
災害にあったとき、避難所に避難したいかを聞いてみたところ、

「避難したい」
11.2%
「どちらかと言えば避難したい」
21.3%

となり、避難したいという意向がある割合は計32.5%で、昨年より微増傾向が見られました。
性年代別で見てみると、「避難したい」は20代女性、「避難したくない」は50代女性で高くなっています。
地域別では、中国地方で「避難したくない」が43.2%と比較的高いようです。※

※「避難したい」=「避難したい」「どちらかというと避難したい」の合計
 「避難したくない」=「避難したくない」「どちらかというと避難したくない」の合計

災害にあったとき避難所に避難したいと思いますか?

「プライバシーの確保」に不安の声が集まる

避難所生活を余儀なくされた場合、どのような不安があるのでしょうか。
避難所への不安点について聞いてみたところ、「プライバシーの確保」(51.2%)が最も高く、次いで「トイレの使用」「新型コロナウイルスへの十分な対策」「一人当たりの生活空間の狭さ」となり、昨年と比べて大きく変化したものは見られませんでした。
避難所で多くの人と過ごすことに対して、様々な不安を抱いている様子がうかがえます。

避難所における心配事・不安な点を教えてください

避難所の把握と避難所への不安点の昨年と比較すると、大きな変化はありませんでしたが、避難したいという意向に微増傾向が見られました。
次回は、災害に備えた食品・飲料水のストックについての調査結果をお届けします。
9/17公開予定です。

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【対象者】全国 20歳~69歳男女
  • 【有効回答数】3,022
  • 【調査期間】2021年8月21日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事および本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!