自主調査レポート

レジ袋有料化!
買う?買わない?そして利用頻度は?

  • 全般
  • 生活
2020.8.04
イメージ画像

(前回の記事)2020年7月1日、レジ袋の有料化が開始されました。金額的には些細なことかもしれませんが、日々の生活に密着しているだけに、どんな影響が生じているのか?早速アンケート調査を行いました。

レジ袋有料化に対して納得している?納得できない?

そもそも有料化に対して、みなさんはどのくらい納得しているのでしょう?
店舗の業態別に『納得感』を調査したところ、「納得している」「どちらかと言えば納得している」と答えた人は、「スーパーマーケット」が最も高く60.4%。次いで「ドラッグストア」が54.9%、「コンビニエンスストア」48.9%と続きます。

一方、「百貨店」「家電量販店」などでは40%強と、過半数を切りました。ここから、生活に密着した小額での買い物では納得率が高く、単価の高い商品やサイズが大きい商品の買い物については、釈然としていない方が多い傾向が見てとれます。

Q.「レジ袋有料化」に納得していますか?

オノフ調べ

属性別での「納得できる」計は全体的に女性の方が高く、「スーパーマーケット」「ドラッグストア」では女性と男性の間に10%以上の差が見られました。
どの業態でも「納得できる」と答えた人は60代の女性が多く、反対に20代・30代の男性はいずれも少なくなっています。
特に「スーパーマーケット」では多くの男性30代~50代が「納得できない」と回答しました。
これはスーパーマーケットで買い物をする女性には、以前からエコバッグの文化が浸透していたため、男性との開きが大きくなったのではないかと予想されます。

納得できるできない

オノフ調べ

買い物の頻度に影響はある?

レジ袋有料化に伴う買い物の頻度に変化があるのか、という点については、各業態を通じて77.4%から84.5%と、大多数の人が「変わらない」と回答しています。
一方「減る」という回答については「コンビニエンスストア」が16.3%、次いで「百貨店」15.6%、「家電量販店」13.8%と続きました。

Q.買い物に行く頻度に変化はありますか?

オノフ調べ

それぞれのスコアを属性別に見ていきましょう。

買い物に行く頻度が「増える」と回答した中で、最も高かったのは男性の20代。
しかし、男性の20代は前述の「有料化に納得できる」という設問に対してはやや少なめな回答です。
有料化に納得できないにも関わらず、頻度は増えているという意外な結果となりました。

また、男女とも年齢が高まるにつれ「増える」と回答する方は少なくなる傾向です。「変わらない」と答えた人は60代が多く、年齢が若くなるにつれ減少。
「減る」と回答した人は若い世代に多く見られます。若年層では「増える」または「減る」の二極化が見られ、年配層の多くは「変わらない」という結果となりました。

増える変わらない減る

オノフ調べ

「レジ袋有料化」は、通販や宅配サービスの利用頻度に影響する?

通販や宅配サービスの利用頻度についてはどうでしょう?
78.3%と多くの人は「変わらない」を選択し、「増える」は17.5%,「減る」は4.2%に留まりました。
属性別では「増える」と回答したのは男女とも20代の学生が多く、「変わらない」と答えた人は高齢層に多く見られます。

Q.「レジ袋有料化」によって、通信販売や宅配サービスの利用頻度は変化すると思いますか?

オノフ調べ

総括すると、高めの年齢層はレジ袋の有料化に対してあまり意識しておらず、若年層は「あり」「なし」に二極化していることがわかりました。冒頭の百貨店や家電量販店での「納得できない」と回答した人が多いことからみても、金額が大きい買い物ほど不満は募りやすい傾向にあります。若年層の二極化にも収入の差が影響しているのかも知れませんね。

引き続きレジ袋有料化に伴うテーマで、次回は「エコバッグの持参率」に関するレポートをお届けいたします。
8/7(金)公開予定です。

  • 【調査方法​】インターネット調査​
  • 【対象者​】全国、20歳以上男女
  • 【調査期間​】2020年7月17日~18日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事及び本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!