『美容室・エステサロン』
利用目的・情報の入手経路は?​

  • 全般
  • 生活
  • 美容
2021.12.10
『美容室・エステサロン』利用目的・情報の入手経路は?

(前回の記事)
前回の調査で、美容室・フェイシャルエステのロイヤルユーザー層を、全体と比較すると「美容」に関する意識が高く、また、趣味は「旅行」が多いことがわかりました。
今回は、美容室・フェイシャルエステユーザーの利用目的と、サロン情報をどのように入手しているかについて調査しました。

美容室ユーザーの利用目的は「清潔感を保ちたい」

美容室ユーザーは、どのような目的で美容室を利用しているのでしょうか。
美容室ユーザーに利用目的を聞いてみたところ、全体で見ると「清潔感を保ちたい」が41.2%と最も高く、次いで「綺麗になりたい」(33.9%)、「髪や、肌の改善」(31.4%)になりました。
美容室のロイヤルユーザー層を全体と比べると、「綺麗になりたい」「エイジングケアになる」が全体より10ポイント以上高いスコアに。 ロイヤルユーザー層では、「清潔感を保ちたい」(33.1%)が他の層よりも低いスコアになっていることから、清潔感よりも“美容”が目的になっている様子がうかがえます。

美容室ユーザーの利用目的

オノフ調べ

エステユーザーの利用目的は「綺麗になりたい」

では、フェイシャルエステユーザーは、どのような目的でエステを利用しているのでしょう?
フェイシャルエステユーザーに利用目的を聞いてみたところ、全体で見ると「綺麗になりたい」、「自身へのご褒美」が5割を超えています。
またロイヤルユーザー層では、「綺麗になりたい」「自身へのご褒美」「自信が付くから」はスコア自体は高いものの全体より低めで、一方で「痩身効果・小顔効果」「話題を増やしたい」は全体に比べるとスコアが高くなっています。
ロイヤル層では、”効果実感””話題作り”にフェイシャルエステを利用される方がいらっしゃるようです。

フェイシャルエステユーザーの利用目的

オノフ調べ

サロン情報の入手経路は「友人・知人との話題」が最多

それでは、美容室・フェイシャルエステのサロン情報は、どのような経路で入手しているのでしょうか?
美容室の情報入手経路を聞いてみたところ、全体で見ると「友人・知人との話題」が24.0%と最も多く、次いで「企業や店舗のホームページ」「SNSやブログ」となりました。
美容室のロイヤルユーザー層の情報入手経路を全体と比較すると、「SNSやブログ」「テレビCM」「ラジオCM」は全体より高いスコアとなり、特に「SNSやブログ」は全体より10ポイント以上高いスコアに。
続いて、フェイシャルエステの情報入手経路を聞いてみたところ、全体で見ると、美容室ユーザー同様「友人・知人との話題」が30.0%と最も多く、次いで「企業や店舗のホームページ」「SNSやブログ」となりました。
フェイシャルエステのロイヤルユーザー層の情報入手経路を全体と比較すると、「テレビの番組」は全体より5ポイント以上高いスコアとなっています。

美容室の情報入手経路
フェイシャルエステの情報入手経路

オノフ調べ

美容室ユーザーの利用目的は「清潔感を保ちたい」、フェイシャルエステユーザーの利用目的は「綺麗になりたい」が最も多いようです。
また、美容室・エステに関する情報は「友人・知人との話題」で入手している人が多いことがわかりました。
次回は、電子マネーの使用経験や、利用している頻度についての調査結果をお届けします

  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【対象者】全国 20歳~69歳女性
  • 【調査期間】2021年9月28日~9月29日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事および本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!