自主調査レポート

みんな持っている?エコバッグ

  • 全般
  • 生活
2020.8.07
イメージ画像

(前回の記事)今回は、2020年7月1日から開始されたレジ袋有料化に伴い、ますます需要が高まりそうなエコバッグについての調査結果をお届けします。
エコバッグの利用度や、エコバッグに求める機能など、気になる項目をチェックしてみましょう!

エコバッグの所持率は?

エコバッグを持っているかのアンケートでは、「常に持ち歩いている」が56.8%と過半数を越えており、「たまに持ち歩いている」の18.1%と、「すでに持っているが、あまり持ち歩いていない」の10%を加算すると、実に85%の人が「持っている」と回答しています。

属性別に確認すると、男女ともに年齢層が高いほど所持率が高くなり、特に女性にその傾向は強く見られます。

エコバッグ、持っていますか?

オノフ調べ

エコバッグを使用するようになり、買い物の量に変化はありましたか?

エコバッグのサイズに合わせて買い物量を調整することがありますか?というアンケートでは、合わせる計が46.7%で、合わせない計が53.3%。
ほぼ半々に分かれましたが、属性別にみると、若い世代は「合わせる」の回答が多いようです。

エコバッグのサイズに合わせて買い物量を調整することがありますか?

オノフ調べ

エコバッグに求めるものとは?

エコバッグに求める機能や特徴としては、「折りたたむとコンパクトになる」が最も高く66.5%。次いで「強度の強さ」「サイズの大きさ」「折りたたみやすさ」「デザイン性」「洗濯が可能」「軽さ」という順になりました。
全体的に女性は機能性を求めている人が多いようで、特に50代以上の女性の80%以上が「折りたたむとコンパクトになる」という機能を求めています。

エコバッグに求める機能や特徴はありますか?

オノフ調べ

日々の買い物でも使用するエコバッグは、お洒落としてのアイテムというよりも、日常での使いやすさという実用性が求められているのでしょう。特に食品を入れることも多いだけに、洗濯が可能であるという衛生面についても重要なポイントとなるようです。

次回は「GoToトラベルキャンペーン」に関するアンケート結果をお届けします。
8/11(火)公開予定です。

  • 【調査方法】インターネット調査​
  • 【対象者】全国、20歳以上男女
  • 【調査期間】2020年7月17日~18日

転載・引用について

当社ウェブサイトで提供している記事・レポートなど、これらすべての著作権は、当社に帰属します。
本記事及び本レポートの内容を転載や引用する際には、著作者および出所を明示してご利用ください。また、引用された著作物と引用して利用する先の著作物とが明瞭に区別でき、その主従関係が明らかになっているなどの条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
これらは著作権法によって権利が守られていますので、当社ウェブサイト上の画像・文章などの要約を掲載、またはそれらを元にして改変を加えて掲載することは禁じられています。

記事のデータ利用をご希望の方はこちらからお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください!