会場調査 Central Location Test会場調査 Central Location Test

ホーム > 会場調査

調査対象者に特定の
会場に来場いただき、
実際に試作品や製品に
触れたり、使ったり、
飲食した評価を測定する
調査手法

会場調査(CLT)の特長

会場調査では、ひとつの会場に集めて行うことで、
同一の環境下で評価が得られ、
情報漏洩の防止をしやすいなどの
メリットがあります。
オノフでは、調査会場・調査員の手配から、
当日の受付・謝礼お渡しなどオペレーション、
集計レポートまで一貫したサービスをご提供します。

会場調査(CLT)に適したもの

会場調査(CLT)全体フロー

実施までの最短スケジュール例(スクリーニング→調査実施まで)

お仕事のご依頼やご相談ごとなど、
お気軽にお問合わせください

無料お見積り・お問合せはこちら

料金 Price

予備調査料金

  5000サンプルまで 10000サンプルまで 20000サンプルまで 30000サンプルまで 40000サンプルまで 50000サンプルまで
3問以内 40,000 50,000 80,000 110,000 150,000 180,000
5問以内 60,000 70,000 110,000 140,000 170,000 210,000
7問以内 80,000 110,000 160,000 210,000 260,000 310,000
10問以内 150,000 190,000 280,000 370,000 460,000 560,000

リクルート料金

  1~5名 6~12名 13~18名 19~24名 25~30名 31~50名
難易度 低 6,000 5,750 5,500 5,000 4,750 4,500
難易度 中 8,000 7,750 7,500 7,000 6,750 6,500
難易度 高 10,000 9,750 9,500 9,000 8,750 8,500

調査企画

調査目的のヒアリングから仮説設定を行い調査企画を作成、ご提案します
※別途お見積りいたしますのでお問い合わせください。

アンケート設計料金

10問 80,000
15問 100,000
20問 120,000

サンプル割付料金

20セルまで 無料
21セル 10,000
22セル以上 2,000/1セルにつき

データ入力

2h/1人 15,000
3h/1人 30,000
4h/1人 45,000
5h/1人 60,000
6h/1人 75,000
7h/1人 90,000

集計/分析

クロス集計

2h/1人 15,000
3h/1人 30,000
4h/1人 45,000
5h/1人 60,000
6h/1人 75,000
7h/1人 90,000

分析

調査内容に応じた分析手法にて、解析を行います。
お客様の課題に対応する最適なアウトプットを行うために、基本的な分析手法に加えて多変量解析、テキストマイニング等各種手法を選択し解析します。
※別途お見積りいたしますので、お問い合わせください。

レポーティング

1グループ 1G 50,000
2グループ 1G 100,000
3グループ 1G 150,000
4グループ 1G 200,000
5グループ 1G 250,000
6グループ 1G 300,000

※リサーチャーの必要稼働日数によりお見積りいたします。

ご提案

1グループ 1G 50,000
2グループ 1G 100,000
3グループ 1G 150,000
4グループ 1G 200,000
5グループ 1G 250,000
6グループ 1G 300,000

※リサーチャーの必要稼働日数によりお見積りいたします。

会場調査運営費用

調査スタッフ派遣費用

2h/1人 15,000
3h/1人 30,000
4h/1人 45,000
5h/1人 60,000
6h/1人 75,000
7h/1人 90,000

運営管理スタッフ1名、受付対応1名、各調査ブースに
配置するスタッフ人員 必要人数をアサインします。

  • ※土日祝稼働時は、料金が30%割増しとなります。
    東京都内以外は別途交通費実費を頂戴いたします

会場手配

東京都内、大阪市内、他都市におきましても調査内容に応じ手配代行を受け賜わります。

謝礼

商品券、現金等にて会場までの足代+調査協力への謝礼を準備します。
目安:3,000円~5,000円
クライアント様にてご準備、又は弊社での手配も受け賜わります。
謝礼金額設定は、調査内容、拘束時間、実施時間帯等から設定をお願いしております。

調査事例 research example

会場調査(CLT)

化粧品のパッケージデザイン・広告受容性調査

会場調査にて、商品のパッケージデザイン及び、商品広告の受容性を確認する

【条件】
  • 該当部類の化粧品を毎日使用している
    40,50代 女性 200名
【費用】
  • 管理費
  • 調査企画
  • アンケート設計
  • 予備調査
  • リクルート料金(普)
  • 会場費
  • 調査員派遣
  • 当日会場受付・実査
  • 謝礼
  • データ入力
  • 集計/分析
  • レポーティング
  • ご提案書

Q&A

会場調査(CLT)とホームユーステスト(HUT)はどのように使い分けたら良いですか?

・会場調査をお勧めする要件
発売前商品のパッケージ調査など、秘密保持が必要
回答データを量的に確保したい場合
使い方、利用環境などを同一条件で試飲・試食・試用してほしい場合
テスト品、テストパッケージの紛失、破損を避けたい場合

・ホームユーステストをお勧めする要件
会場で試飲・試食や試用調査を行いたいが、予算が少ない場合
例えば調味料や化粧品など、普段の生活の中で試用してアンケートに回答してもらいたい場合
テスト品の厳密な管理が必要ない場合
シャンプーなど連続使用させて効果を測りたい場合

会場調査(CLT)のメリット、デメリットを教えてください。

試飲・試食調査においてテスト品も機密保持管理ができる反面、日常的な家庭の空気感で対象品を試すことは出来ない点です

会場調査の種類について教えてください。

試飲調査、試食調査、試用調査(家電、アプリ、ウェブサイトの使用など)、広告ABテストなどがございます

会場調査のメリットについて教えてください。

メリット
発売前新商品、テスト品などのパッケージ、コンセプトの調査を機密性を保持して実施できます
回答者には撮影、口外厳守などを盛り込んだ秘密保持誓約書の署名をもらうことで機密保持を厳格に管理します
商品やテスト品の紛失や破損が起こらないよう会場内で管理できます
全ての対象者が同じ環境下で試飲・試食してもらえます
その場で回答者のリアルな反応を見ることができます

会場調査の実施をお願いした場合、集計までしてもらえますか?

実査後の集計、報告書の作成までトータルでサポートいたします。
クロス集計データ、FA回答集や、GT(全体)集計のみの納品も可能です

会場調査への参加者のリクルートをお願いしたいのですが、何日前から募集されますか?

参加可能者を5営業日前から集めリストのお渡しが可能です