MENU

【初心者向け】ネットリサーチの始め方を徹底解説!効果的な活用は?

目次

初心者向け ネットリサーチの始め方を徹底解説!効果的な活用は?

4458554_s

ネットリサーチとは

インターネット上で行う様々な調査のことで、オンラインアンケート、Webアンケートとも言います。

インターネット上で登録されたモニターや調査パネルと呼ばれるアンケート回答者へ、目的に応じた調査設計を行い、メールやアンケート会社の専用システムなどを利用して設問の配信・回収を行います。

「訪問調査」や「郵送調査」「電話調査」などの従来からある調査・アンケート手法に比べ、スピーディかつ低コストで自由度が高いことが特徴です。

ネットリサーチのメリットとデメリット

ネットリサーチの最大の特徴は、調査実施から短期間でアンケートを回収まで行えることです。

郵送調査や電話調査だと回答までの時間差や1日で回収可能な回答に限界がありますが、ネットリサーチであれば時間を問わず、短い期間で多くのユーザーの回答回収が可能です。また基本的な対象者属性(年代、性別、居住地など)や商品やサービスなど調査内容にあわせた絞り込みも可能なことから、本当に聴きたい人に聴けるといったこともメリットです。

逆にデメリットはインターネット上での回答になるために、一定のネットリテラシーのある方に回答が偏ってしまう傾向があります。そのため普段インターネットを使用しない方の意見や高齢者の方の意見を取りづらいと言ったデメリットがあります。

そのため、対象者の絞り込みなど慎重に行った上で、回答として正しいものになっているかは、判断をする必要があります。

インターネットリサーチの流れ

必要期間は調査方法によって異なりますが、大まかな内容は下記になります。

リサーチの流れ

どのような調査でも共有していることですが、調査企画~設計でそのアンケートが有益なものになるかどうかが決まってしまうと言われています。したがって、調査企画~設計を重点的に行い、その後の配信から回収をスピーディーに行うのがオンラインアンケートの主な流れとなります。

納品物については、基本ローデータをお渡し、必要に応じて集計表や分析方法で作成した集計表をご納品します。また、ご予算感や目的に応じて、調査報告書の作成や報告会の実施、調査後の戦略立案を致します。

リサーチデータ納品物種類
リサーチデータ 納品物種類

レポートの納品だけで終わらない!?その後の戦略立案までオノフは対応します

ネットリサーチの活用事例

過去にオノフで実施した調査の事例を紹介致します。

  • 依頼会社

スーパーマーケット

  • 課題

プライベートブランド商品のスープを新規開発するために調査を実施。その時のトレンドや過去の売上実績から商品の開発を考えていたが、社内承認を通すのに苦労していた。

  • 目的

調査データを活用することで、お客様が本当に求めている商品はどんなものなのかを把握した上で商品開発をする。

  • 実施概要

エリア:全国

性別:女性

年代:20代~50代

サンプル数:1,000ss

設問数:20問

  • 結果

アンケート回答結果から、「スープの味のバリエーション」が最もユーザーから求められていることであることが分かった。元々は1種の味のみの商品で考えていたが、調査結果から5種のスープが味わえる商品を開発。調査で取ったデータを社内承認を通すためにも活用することが出来た。

まとめ

コロナ禍でもある現場、インターネットリサーチがアンケート調査の主軸となっていますが、どのような内容の調査をしたいか、調査を行う意味からデータの活用方法まで考えた上で、最適な調査手法で行うことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる