MENU

ブランディングとは?実施方法・メリットを解説

目次

ブランディングとは?実施方法・メリットを解説

ビジネスシーンで耳にすることが多くなってきた「ブランディング」という言葉。

大企業や有名な企業がやっているイメージがありますが、今はすべての企業で必要不可欠な施策です。

必要な理由としては、商品・サービスの“価値”や“特徴”を生活者に認識してもらうことができるからです。

「他社との違いをPRしたい」「魅力的に伝えたい」と考えていませんか?

この記事では、ブランディングの方法やメリットについて解説していきます。

ブランドイメージを明確にすることは、差別化の手段になるはずです。

ブランディングとは?

ブランディングの目的は、あなたの商品・サービスの価値が顧客に伝わっている状態をつくることです。

「タブレットといえばiPad」のように「○○といえば△△」と、商品がすぐに思い浮かぶ状態です。

これは、ユーザーに長く選ばれ続けるための仕組みづくりともいえますね。

そのためには、ブレのない継続性や一貫性が求められます。

ブランディングは、マーケティングと混同されることもありますが、マーケティングは“手段”、ブランディングは結果を出すための“戦略”といえます。

ブランディングの実施方法

ブランディングの基本的な流れを紹介します。

あなたの商品・サービスの価値を「ブランド」として明確にし、それが正しく伝わる施策を打ちます。

環境分析を行う

3C分析(*)やSWOT分析(*)、PEST分析(*)を行い、自社・競合、強み、外部要因などの環境分析を行います。

ブランディングは、競合製品に差を付けるべく実施するもの。

まずは、強み、競合、ターゲットを明確にします。

(*)3C分析:顧客、競合、自社の分析
(*)SWOT分析:強み、弱み、機会、脅威の分析
(*) PEST分析:政治、経済、社会、技術の分析

あわせて読みたい
マーケティング分析のフレームワークを解説
マーケティング分析のフレームワークを解説【マーケティング分析のフレームワークを解説】皆さんこんにちは。ライターの磯目です。今回はマーケティングの分析手法のフレームワークをいくつか解説します。基礎的...

ブランドアイデンティティを設定する

ブランドアイデンティティとは、ブランドの特徴や個性をはっきり示し、その特性を生活者に理解してもらえるようにすることです。

どのようなイメージを持ってもらいたいかを決めるので、今後の戦略に大きく関わる重要な設定です。

ブランディングの具体化

あなたの商品・サービスに関わる情報を、顧客視点・企業視点の両方で整理し、市場に出す方法を決めます。

どのような製品・価格・流通経路・販促を行うのかを考え、ブランディングを具体的にしていきます。

ブランディング実施後の効果測定

ブランディング実施後は、必ず「効果検証」を行います。

検証の方法は、「アンケート調査」「アクセス解析」「効果分析」、ブランドへの愛着や信頼を顧客推奨度として数値化できる「NPS(ネット・プロモーター・スコア)」といったものがあります。

ブランディングを実施するメリット

ブランディングが成功すれば、ユーザーはあなたの会社・商品・サービスに対して信頼性や愛着を持ってくれるようになります。

例えば、『Apple』製品。

デジタルデバイスはAppleしか購入しないという人もいますよね。

その人は、製品をこよなく愛し、絶大な信頼を寄せているからです。

ブランディングが成功するということは、差別化にも成功しているということ。

価格競争から逃れられるので、収益の安定と増加が得られます。

ブランディングの成功事例

「翼をさずける」のキャッチコピーでお馴染みのエナジードリンク『レッドブル』。

「冒険者を称え、翼をさずける」というブランドアイデンティティを掲げています。

商品の特徴よりも、飲んだ人にスポットが当たっているキャッチコピーです。

レッドブルが、購入した人の活動を応援するイメージが浮かんできませんか。

線画のアニメーションが特徴的なCMも面白いですよね。

そんな印象的なキャッチコピーやCM、スポーツ選手への積極的な支援などを通じて、レッドブルは若者にも愛されるエナジードリンクとなったそうです。

まとめ

「ブランディング」について解説してきました。

ブランディングは、あなたの商品・サービスを差別化し、“価値”や“特徴”を正しく生活者に伝える施策です。

「○○といえば△△」と、長く選ばれ続けるための仕組みをつくりましょう。

弊社は、競合・市場環境の考え方や競争環境の戦略策定について具体的なアドバイスをさせていただきます。

下記リンク先のフォームに必要事項ご記入の上、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる