【売り上げに直結】セールスライティングとは?

「商品が売れる紹介文を書きたい!」
「ターゲットに訴求できる広告文をつくりたい!」
「でも、上手に商品説明ができない…。」と、
お悩みではありませんか?

商品の魅力がユーザー(読者)に伝わらなければ、購入してもらうことは難しいですよね。
今回は、ユーザーの購買行動を促す「セールスライティング」についての解説と、セールスライティングの効果を上げる文章の構成「型」(フレームワーク)を紹介します。

目次

セールスライティングとは?

ターゲットを惹きつける『セールスライティング』とは?

セールスライティングとは、商品やサービスに対して「購入」という行動をしてもらうための書き方です。

「買いたい」と思ってもらえるように、ユーザーの購入意欲を掻き立てるようにアプローチをするという点では、セールストークと似ているところがありますね。

近年、ECサイトなどでネットショッピングをする人が増えたことで、セールスライティングの重要度が高まっているといえます。

セールスライティングはいつ使う?

セールスライティングを使うシーンとしては、ランディングページ(LP)・ダイレクトメール(DM)・メルマガ・ LINE・などが挙げられます。

普段よく目にするのが、縦長のランディングページでしょうか。

商品の特徴やベネフィットを読んで、ユーザーに購入後のストーリーを思い描いてもらって購入につながるように構成されているのが特徴です。

メルマガもランディングページと同様、購入につながるように構成しなければなりません。

また、メルマガはタイトル(件名)がキャッチコピーになるので非常に重要なポイント。

魅力的なタイトルを付けなければ、受信トレイに入ったまま永遠に開封されることはないでしょう…。

セールスライティングに効果的な2つの「型」

では、どのようにしたら購入につながる文章構成が出来上がるのでしょうか?

セールスライティングの構成には「型」と呼ばれるテンプレート(フレームワーク)があります。

伝えたいことを「型」の順に当てはめることで、購入後のストーリーを思い描いてもらえやすくなり、購入につながるのです。

ここでは2つの型を紹介します。

PREP

Point :結論・要点

Reason:理由

Example:具体的な例・事例

Point :結論・要点

1つ目は「PREP法」。

この構成は、最初と最後に結論を述べているので要点が理解されやすいことが特徴です。

新PASONA

Problem:問題提起

Affinity:親近感・共感

Solution:解決策

Offer:具体的な提案

Narrowing Down:絞込・限定

Action:行動

2つ目は、「新PASONAの法則」。

問題(悩み事)に対して共感し、ユーザーに寄り添って行動を促すことができる構成です。

セールスライティングについて、まとめ

商品の魅力を伝えるための『セールスライティング』について解説してきました。

「型」と呼ばれるテンプレートは、どれもユーザー(読者)が読みやすく、購入意欲を掻き立てる訴求力のある文章構成になっています。

ぜひ、この「型」を活用して商品やサービスをアピールしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる