シニアマーケティングが成功した3つの事例

目次

シニアマーケティングが成功した3つの事例

シニア市場は、少子高齢化の社会の中で、様々なビジネスチャンスが眠っており注目されています。
シニアマーケティングについて、具体的な事例を3つまとめましたので参考にして頂き、継続的な売り上げアップに役立ててみてください。

・シニアマーケティングの具体的な成功事例
 成功事例1:イオン
 成功事例2:やずや
 成功事例3:みまもりほっとライン

成功事例を知って効果的にシニアマーケティングをしよう

シニアマーケティングの具体的な成功事例

シニアマーケティングのポイントはこちらの記事をご確認頂くとして、本記事では実際の成功事例を3つ紹介していきます。
どの事例もアナログとデジタルの両方を活用することで、効率的な売り上げアップに繋げている事例となります。

事例その1:イオン

大手流通グループのイオンでは、シニア世代に合わせて、さまざまな事業を展開しています。
一人一人のニーズに応えることで、誰でも利用できる地域インフラとしての役目を果たしています。

アクティブシニア層をターゲットにイベントを開催

アクティブシニアとは日常的に外に出て仲間と一緒に運動するシニアを指します。
イオンの一部の店舗では、朝のラジオ体操やウォーキングイベントを開催しました。
お買い物ついでに楽しく健康になれるという考えが、運動好きなアクティブシニア層に人気です。

パッシブシニア層向けに商品づくり

パッシブシニア(日常的に第三者の支えが必要な要介護状態のシニアのこと)層向けに、食べやすい商品として「トップバリュ やわらか」シリーズを販売しています。
パッケージや味にこだわり、介護する側もされる側も楽しみながら食事ができるように工夫しています。

他にもシニア層にさまざまな啓発イベントの開催や認知症サポーターとして従業員を店舗に配置して、パッシブシニアにも優しい店舗づくりを目指しています。

シニア向けに小分け食品を販売

シニアの方が多い地域の店舗では、総菜やスイーツを食べきりサイズにして販売をしています。
一人暮らし世帯や1回の食事の量が少ないシニアは、こうしたライフスタイルにあわせた工夫でリピーターになってくれることもあります。
また、チラシを配布することで、インターネットを活用していないシニア層にも効果的に特売商品を伝えています。

事例その2:やずや

やずやといえば、にんにく卵黄シリーズが有名で、健康にこだわった健康食品やサプリメントを販売しています。
シニア世代を中心に絶大な支持を得ています。

新聞折り込みと通販サイトで相乗効果

やずやは主に、チラシなど紙媒体や通販サイトなどから集客を行っています。
やずやのチラシを目にしたことがある人は多いかと思います。
大きな見出しと目を引くキャンペーンを活用しており、シニア層の気持ちを引き付けるデザインとして定評があります。
また通販サイトを充実させることで、アナログ媒体には載せきれない商品情報を掲載して情報を補完しています。
通販サイトでも専用ダイヤルを設置し、ネットリテラシーの低い方にも操作を説明するなどのサポートをすることで、安心して注文できるよう充実したサポートを提供しています。

事例その3:みまもりほっとライン

「みまもりほっとライン」は、象印が2001年から発売している電気ポット(iポット|i-xPOT)を活用した高齢者の見守りサービスです。
利用者が電気ポットを使うことで通信が発生し、遠くに暮らす家族のスマートフォンに通知が届いて安否を手軽に行うことができるのが特徴です。

電気ポットの新しい価値を徹底周知

遠隔からシニアを見守るという考え方は2001年には珍しく、さまざまな媒体に掲載された広告も目を引くもので、新聞やテレビに取り上げられることも多かったようです。
最近ではスマートフォン対応のWebページと、漫画形式の新聞広告を発表し、アナログとデジタル両方からPRをしています。
その結果、実際に電子ポットを利用するシニアだけでなく、安否確認を活用したい家族にも商品が広く認知されるようになりました。

シニアに響くキャッチコピーで心を掴む

キャッチコピーの「大人の七難すんなり解決」には、シニア層が抱える肌のお悩みとニーズが集約されています
アンケートを活用し実際の使用者の意見を参考にしながら、シニアの心に響く商品を作り上げました。
ブランドの発表時には、折り込みチラシとテレビCMを活用しており、ネットショップ機能も備えるランディングページも含めて、様々な媒体でキャッチコピーを多用することで、シニアの印象に残りやすいよう工夫しています。

効果的にシニアマーケティングに活用しよう

シニアマーケティングの成功事例と、それらに共通する3つの特徴をまとめてみました。

・ターゲットの年齢層を絞る
・シニアのペルソナに合わせて戦略を立てる
・アナログとデジタル両方を活用する

この3つのポイントを意識するだけで、より高い成果が期待できるようになります。
シニア市場に効果的な戦略で、継続的な売り上げアップを狙っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる